FRPは高強度、軽量、耐候性、電波透過性、電気絶縁性、断熱性、に大変優れており様々な形状の製作に対応できます。弊社ではFRPを用いて一般製品、バイク、自動車、電子部品etcのプラスチック部品を高品質、低コストで製作致しております。
TOPPAGE
サービス
試作開発&少量生産
一般プラスチック製品製作
バイクのプラスチック製品製作
自動車のプラスチック製品製作
電子部品のプラスチック製品製作
エコランカー
エコランカーとは?
エコランカーの制作・販売
エコランカーレース参戦記
製作手法・料金
光造形
FRP
真空注型
真空成形
試作ブロー成形
CAD/CAM
NC(マシニング)
会社概要・主要設備
料金一覧
アクセス・地図
お問い合わせ

連絡先

トップ/ 制作手法・料金 / FRP / FRPとは?

FRPとは
| FRPとは? | FRPによる製品製作方法(ハンドレイアップ成形&コールドプレス成形) | FRPについての質問インタビュー | 価格表 | お問い合わせ |

FRPとは?

  FRPとは?

FRPとは、Fiber Reinforced Plastics の略で、Fiber=繊維、Reinforced=強化された、 Plastics=プラスチックのことです。繊維と樹脂を用いてプラスチックを補強することによって、強度を著しく向上し、宇宙・航空産業をはじめバイク、自動車、鉄道、建設産業、医療分野等さまざまな分野で用いられています。

FRPの特性
・耐候性、耐熱性、耐薬品性にすぐれている。
・電気絶縁性があり電波透過性に優れている。
・断熱性に優れている。
・さまざまな形状の製作に対応でき、着色が自由である
・軽量かつ強度的に大変優れている。



  素材
FRPは使用する繊維の違いによって、CFRP、GFRP、KFRPと呼ばれています。
カーボンファイバー、ガラスファイバー、ポリエステル樹脂

  GFRPの製品モデル
GFRP=ガラス繊維(G)

材料が安価でいろいろな形状になじみやすいので、様々な反転ができ、形状の自由度が高い。
また硬化時間が比較的短いため、短納期で製作できます。
フェンダー、自動車のホイール

  CFRPの製品モデル
CFRP=カーボン繊維(C)

価格はGFRPより高価になりますが、強度の面で大変優れており、 積層数を薄くすることによって重さを軽くすることができます。強度を必要とし、なおかつ重量を軽くしたい制作物に向いています。

オールカーボンボディー

WRCレース用部品


  KFRPの製品モデル
KFRP=ケプラ繊維(K)

大変切れにくく、最も優れた強度を発揮します。繊維の持つ切れにくいという特性が、 自由な形状の成形を困難にし、後加工がしにくいという面もあります。

  FRP型
FRP型を利用した真空注型


。金型に比べ短納期、低コストで形状等にもよりますが、ロット数も比較的多くとれます。また、常温&常圧において経年変化がほとんどありません。

   真空注型FRP型紹介記事


・弊社のFRP成形技術は主に各種企業様または大学院研究室等の研究開発のお手伝いとして製作   させて頂いておりますが、個人の方もお気軽にご相談下さいませ。




[↑TOPへ戻る]  

| FRPとは? | FRPによる製品製作方法 (ハンドレイアップ成形&コールドプレス成形)| FRPについての質問インタビュー | 価格表 | お問い合わせ |

copyright(C)Prototype Modeling Serve All Rights Reserved